扶養家族の申請

昨日は朝から大雨で少し肌寒い一日でした。もう秋でございますね。デパ地下には松茸も登場しておりました。 さて、昨日、派遣会社のお姉さんに「扶養家族はいらっしゃいますか?」と訊かれ、「はい、ワンコが2匹」と言いかけたもとみんでございます。ペット手当てとか、ペット控除とかできないかなぁ(遠い目)
(・・?
んー、確かにアルトはもとみんの可愛い娘やし、同居家族で扶養もしてるんやけど、お役所さんはアルトがワンコだから認めてくれへんのよ。 法律的に言うとペットは「動産」、つまり「物」なわけやね。 ペットが起こした事故は飼い主が責任を取る。終生飼育する義務がある。と法律で定められているんだけど、あくまでも「物」扱いなんで、扶養手当なんかの対象にはならないのよねぇ。残念。 物じゃないもん、家族だもんと主張するもとみんに賛成の方はクリックお願いします↓ 人気ブログランキング よろしければ下もポチっと↓ にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ

扶養家族の申請” に対して 7 件のコメントがあります

  1. 雛のママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    本当に、命のあるものなのに、どうして「物」なんでしょう!殺してしまっても「器物損壊」・・・
    おかしいですよ。命の大切さをきちんと教えていないから、人間同士だって簡単に命を奪う・・・
    ↑白い大きなワンちゃん・・・終生愛せないなら最初から飼うな!最期を看取ることのできない人には犬を飼う資格を与えてはいけないです!

  2. まお より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうですよね。
    ペットは虐待されても、物扱いで終わってしまいますもんね。
    白い大きなワンちゃん。
    元気で可愛がってもらってる、そう願いたいです。
    よく似たことしてるブログ仲間の人いますよ。
    面識も無いけど「お願いね」って必死になってしまいます。

  3. ままん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ペットをぬいぐるみやアクセサリーと同じ感覚に思っている人が多くて、びっくりさせられます。
    法律上の扱いは「動産」でも、ペット控除がなくてもいいんです。単なる愚痴だから。
    ただ、ペットも大切な家族の一員で、命は人であれ動物であれとても大切なものなんだと、すべての人に知っていて欲しい。
    命は一人にひとつしかないってこと、周囲を思いやるってこと、大切なことを教えられずに大人になっていく人が多い気がします。

  4. 植田裕子 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    人間と同じ、生命を持つワンコは物では
    ないですよねぇ!
    大切な大切な家族ですものね★
    昔に比べればだいぶ犬も暮らしやすくなった
    とは思うけど、まだまだ不自由な事も多い
    ですね。
    犬嫌いやアレルギー持ちの方もいるから
    仕方ないのかなー。。。

  5. ココママ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    物じゃないよ~!アルトちゃんは列記とした子供だもん!
    うちでも4人姉妹として3ワン育ってるのに、警察でもいなくなったら遺失物だし、怪我させても器物破損でしょ~!
    それだけ命を軽視して扱われてる事が動物の問題が増える全ての発端だと思うなぁ~!

  6. ままん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    最近はペットの飼えるマンションも増えて、うれしい限りです。
    アレルギーは体質なので、いかんともしがたいですが、犬嫌いの理由に「子供の頃、近所の犬に噛まれたから」といわれると、犬を飼う人間として「ゴメンナサイ」と思ってしまいます。きちんとしつけがなってないってことですものね
    オーナーのマナーが向上すれば、もっとワンコを受け入れてくれるお店も増えるかな?期待します。

  7. ままん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    民法上の「動産」扱いは許します。でも、その分「動物愛護法」でペットを守って欲しい。それが出来なくて、何のための愛護法なのでしょう。
    人も犬も猫も、同じ大切な命なんだって、知っていて欲しい。
    ペットを飼うってことは、新しい家族を迎えることなんだって、そういう意識を持ってペットを飼って欲しい。
    こんな基本的で大切なことを、知らない人が多いのが悲しいです、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です